すごい洗浄力!便利な高圧洗浄機ケルヒャーK3サイレント使用レポート

お掃除には欠かせない、ケルヒャーK3サイレントベランダをついに購入!早速使ってみたのでレポートしたいと思います。庭のアプローチや、フェンスブロックを洗浄した結果を紹介します。

 

スポンサーリンク

ホントにすごい!高圧洗浄機ケルヒャーK3の洗浄力!

一度試したらホントにクセになるほどすごい洗浄力なんです!洗浄に熱中してしまって気づいたら腕がパンパンなんてこともよくあります。そんなケルヒャーK3について順にレポートしていきます。

 

 

準備

使用前の準備として、電源と各ホースを繋ぎます。電源は100Vコンセントへ、アース用クリップもついているので、金属部に挟んでアースを取ると安全です。

 

ホースは水道から水供給用ホースを繋ぎます。ケルヒャー本体側に合わせて水道元側も写真のようなワンタッチにすると便利です。

 

 

 

次にケルヒャー本体から洗浄ガンの高圧ホース(黒いやつ)を繋ぎます。繋ぐときは差し込むだけで固定されるので簡単です。ちょっと力が必要です。

 

高圧ホースと洗浄ガンを繋ぎます。黄色いコの字型のプラスチック部品をスライドさせて解放後、洗浄ガンに高圧ホースを差し込みます。差し込んだらコの字型の黄色い部品をスライドさせて固定するだけです。これで準備完了。

 

洗浄ノズルの種類

洗浄ノズルは3タイプあり、以下の写真のように、ストレートタイプ、スパイラルタイプ、ブラシタイプとなっています。その他、延長継手も2本付属しており便利です。

 

3タイプのノズルがあるので、用途により使い分けましょう


ストレートタイプは一番スタンダードなノズルで、汚れの洗浄に幅広く使えます。スパイラルタイプは水流がストレートではなく、渦をまいた流れなので、正面からの水圧では落ちない汚れなどが落ちます。コンクリートの隙間に生えた草や芝生などはこれできれいにちぎってくれます。

 

ブラシタイプは汚れがひどく、水圧だけでは落ちない時にブラシで汚れを浮かせて取るときに有効です。「ベランダ」とネーミングされているのはこのブラシと、延長継手がついているところで、ここが通常品と違うところです。

 

使用のノズルでは落ちない汚れも他のノズルでやってみると簡単に落ちることもあるのでいろいろ試してみると良いですね。

 

使い方

まず、水道元栓を開きます。次にケルヒャー本体の電源ツマミをONにします。あとは洗浄ガンのレバーを掴むだけで水が出ます。ノズルの先端をHARD⇔SOFTお好みに合わせて水を出しながら調整します。

 

開始直後は水がしっかり圧縮されていないので何度か洗浄ガンのレバーを掴んだり離したりして水を圧縮させましょう。

 

HARD側いっぱいに回して至近距離で放水すると、かなりの威力になるので、柔らかいものは穴が開いたり、肌に向けると大けがをするので十分に気をつけましょう。

 

ノズル先端を回して強さを調節する


動作音

動作音は洗浄ガンのレバーを掴んでいるとき(水が出ているとき)のみ音がします。「サイレント」とネーミングされているので、動作音も小さいと思われますが、この機種1台のみの評価なので比較が出来ずでした。感覚ではある程度の動作音はもちろんありますが、うるさいと感じることはありませんでした。

 

洗浄ビフォーアフター

洗浄前


洗浄後


洗浄前


洗浄後


洗浄前


洗浄後


 

 

まとめ

いかがでしたか?ケルヒャーK3サイレントベランダの使い方から効果まで簡単にレポートしてみました。コンクリート面や石畳面がとてもきれいになり、ついつい熱中してしまいますので、適度に休憩を取り、腰痛予防などを意識しましょう。

 

そして、保護メガネやマスク着用、また、下半身は結構濡れたり汚れたりするので、それなりの作業準備をしてから安全に作業を行いましょう。

 

中年お父さんの休日の過ごし方

結婚して子供が生まれ、あっという間に時が過ぎ、今では子供も手が掛からなくなったお父さん。子どもが小さい頃は、いつも一緒に時間を過ごしていたのに、最近の休日は一人ポッツリしてしまい、ちょっと寂しい気持ち ...

続きを見る

 

Kyo-taの趣味ブログ・気まぐれ日記TOPへ

スポンサーリンク