筏釣り初心者おすすめ!筏・カセ釣りでのいろいろな釣り方

筏・カセつりでの釣り方は様々です。代表的なのがダンゴ釣りでクロダイを狙う釣り方ですが、その他にも、サビキ釣り、ちょい投げ釣り、ぶっこみ釣り、かご釣り、フカセ釣り、泳がせ釣りなどおすすめの釣り方がいくつかあります。

 

ここでは、ポイントを抑えれば初心者でも十分楽しめる、いろいろな釣り方について紹介します。

 

筏・カセ釣りはいろんな釣り方ができる


スポンサーリンク


サビキ釣り

筏でのサビキ釣りは足元に仕掛けを落として釣れるのでとても釣りやすく、子供でも十分楽しむことができる釣りです。アジやサバなどのおいしい魚がたくさん釣れるサビキ釣りはファミリーに超おすすめです!仕掛けは、魚のサイズに合わせて、針やラインのサイズを選定しましょう。

 

ちょい投げ釣り

ちょい投げ釣りは主に底が砂地のポイントで有効です。石ゴカイか青イソメをエサにしてちょい投げし、着底したら少しずつ巻いてアタリをとる釣りです。小気味よい当たりでキスやコチが釣れるとやみつきになりますよね。

 

もうひとつ、ちょい投げつりといえば、エギで狙うアオリイカです。この釣りはルアー(エギ)を上手く操作して小魚に見せかけて狙う釣りです。この釣りも奥が深く、ファンは多いです。

 

ぶっこみ釣り

ちょい投げしてもよし、足元を狙ってもよしの釣りで、エサは青イソメなどを使い、底か中層あたりに仕掛けを停滞させて置いておく釣りです。ダンゴ釣りのおまけで狙うのもありですが、エサ取りの多い夏から秋にかけては一瞬でエサが小魚などに取られるので、硬いエサやエサ持ちのよいエサでチャレンジするのもいいかもしれません。

 

カゴ釣り

主にマダイやグレなどを狙う場合に有効です。水深が深いポイントで、狙いの魚がいるポイントまでカゴ付きの仕掛けを沈めて、ポイントに到着したら竿を強くシャクってカゴ内のオキアミやアミエビを出して、サシエと同調させます。しばらくするとすぐにアタリが出るのがパターンです。船釣り用の竿と仕掛けを流用しても良いと思います。

 

フカセ釣り

磯釣りでよく用いられる釣法で、基本、ウキとハリと小さめのオモリだけのシンプルな釣りで、コマセと呼ばれるオキアミと集魚剤を混ぜたマキエを別でシャクを使って投入します。やはりエサ取りには弱く、小アジや小サバが沸いているときは釣りになりません。

 

狙いのタナまでエサが残っていることが前提で、コマセとサシエが上手く同調したときにヒットします。釣れる魚はグレや中大アジ、冬場は大型マダイなどもポイントによっては釣れます。オモリをつけない完全フカセが、食った時の違和感が少ない為、一番食いが良いです。

 

フカセ釣りでも大物が狙える


泳がせ釣り

活きた小アジや小サバなどをエサにして泳がせて、海底か中層のフィッシュイーターを狙う釣りです。釣れる魚はヒラメやマゴチ、マトウダイ、ワラサ、ブリ、スズキなど高級魚ばかりです。タナや時期によってはアオリイカも釣れて、最高のお土産になります。この釣りもダンゴ釣りの横に置き竿にしておくだけで、勝手に掛かってくれるので面白いです。

 

ドラグをユルユルにして、魚が掛かったらラインが出てジーというドラグ音で分かるので落ち着いて竿を持ち、ドラグを締めて大きく合わせましょう!あとはやりとりを楽しんでGETして下さい。注意点は、魚に竿を持っていかれないようにワイヤーは必ず装着しておくことです。ラインは5号以上、竿は固めのシーバス用などで良いでしょう。

 

掛かれば大型でおいしい獲物がおみやげにできる


まとめ

筏・カセ釣りにはダンゴ釣りの他、いろいろな釣り方が楽しめて、釣れる魚も豊富です。狙いの魚に合わせた釣り方をして、お土産をたくさんゲットしましょう!

 

初心者が気をつけたい!筏・カセ釣りの服装

釣りをするにあたり、服装は大変重要です。快適に釣りを楽しめるかどうかが決まる最重要アイテムです。特に初心者は、なかなか寒暖や気候のイメージがつきにくい為、ここでは、季節による筏・カセ釣りの服装や身を守 ...

続きを見る

 

Kyo-taの趣味ブログ・筏カセ釣りのページはこちら

スポンサーリンク

© 2021 RUN・釣り・DIY Kyo-taの趣味ブログ