釣り

筏釣り初心者でもこれさえあればOK!筏・カセ釣りの準備(道具一式)

筏・カセ釣りを始めたくても、最初はどんなものを準備すればいいのか分からないと思います。ここでは、初心者必見、筏・カセ釣りに最低限必要なもの、あると便利なものを紹介していきます!

最低限の準備をして筏・カセ釣りに出掛けよう
スポンサーリンク


竿とリール

クロダイのダンゴ釣りをメインでするのであれば基本、筏竿とリールのみでOKです。竿は筏用の穂先がとても柔らかくて細いもので、アタリは全てこの穂先を見て判断します。穂先だけでも素材や柔らかさでいろいろな種類があるので竿の長さと共にターゲットに合わせた竿を選定しましょう。釣具店の方に費用を伝え、おすすめを紹介してもらうのが一番良いと思います。「筏・カセ釣りのタックルと仕掛け」で少しですが紹介しています。

リールは上向きと下向きがありますのでこちらも好みや釣り場に合わせたモノを選定したいですね。また、合間にサビキや泳がせ釣りをする場合はそれ用の竿とリールもあると楽しめるかもしれません。

クーラーボックス

クーラーボックスは基本、1個でOKですが、エサ用1個と飲み物、食べ物を冷やす用1個を持参する方もいます。なるべく荷物を減らす意味でも1個のみの持参がシンプルで良いかと思います。サイズはよほど大物が数釣れる場所ではない限り、25L~30Lで十分です。そのサイズなら、コンパクトに持ち運べるし、釣り用のイスにもなるので一石二鳥です。でも、おしりに敷くクッションは必須です。

ダンゴケース

ダンゴケースとは、ヌカや集魚剤が混ぜられたダンゴの粉体を入れる容器のことで、ホームセンターに売っている45Lのプラスチック製のものが使いやすいです。蓋もついているので、使い勝手が良くおすすめです。

道具用ケース

ダンゴケースと同じ商品の浅い版を、道具もろもろのケースとして使用すると便利です。リールや、スカリ、道具箱、雑巾などを入れて運ぶ容器として準備すると良いでしょう。釣り中はダンゴケースの下に置いてかさ上げし、高さを稼ぐことでダンゴ握りがラクになります。

衣類系を運ぶバッグ

道具用ケースとは別で、雨具やおつまみ、暑くて脱いだ衣類などを入れておくバッグがあると安心です。特に天候の急変にも対応出来る様、防水タイプがおすすめです。

雨具

釣り人の必需品ですね。よほどの晴天予報ではない限り、雨具上下は必ず持参しましょう。ポンチョタイプは結局かなり濡れるので上着とズボンのタイプを選定しましょう。現在は蒸れにくいタイプのものもあるので、釣具屋でいろいろ探してみて下さい。

ロッドケース

竿をすべて収納できるロッドケースを準備すると大変便利です。竿を保護することもできるし、持ち運びもしやすく、運搬時のトラブルもなくなるのでおすすめです。

スカリ

筏・カセ釣りで使用するスカリは大きめのものをおすすめします。底面60㎝、高さ1.5mぐらいのスカリがあると大型を活かしておくこともできるし、入れやすいので良いと思います。スカリはネジで固定する場合は専用のネジも別途準備しましょう。

玉網

必需品です。筏竿は先端がかなり柔らかい為、やり取りはソフトに対応できるものの、釣った魚を空中に抜くことはNGです。竿に相当の負担が掛かり、破損の恐れが十分あるので必ず玉網を使用しましょう。玉網の適正サイズは大きすぎず小さすぎずです。クロダイ50㎝オーバーを狙う方であれば35~40センチで十分ですが、ワラサやブリなども込みで使いたい場合はもう少し大きめが良いかもしれませんね。

落下防止用ワイヤーと固定ネジ

竿を海中に落下するのを防止するため、ワイヤーの取り付けは必須です。また、それを固定するネジも準備が必要です。泳がせ釣りをする場合も必ずワイヤーを取り付けましょう。

竿受け

竿、リールの次に重要な竿受けは、人によって使い方もさまざまで、使わない方もいるほど。しかし、慣れていない方は、あった方が無難です。良い位置に角度調整して穂先に集中できることからおすすめのアイテムです。また、使いやすく自作する方もおり、竿受けひとつ取っても奥深さを感じますね。

まとめ

筏・カセ釣りで使う道具はいろいろな種類がありますが、まずは最低限のものを準備して、徐々に便利なアイテムを揃えていくことをおすすめします。

初心者必読!筏・カセ釣りのマナーと心得

筏・カセ釣りはルールやマナーはもちろん、心得や暗黙のルールを知っておくと、渡船店や他のお客さんに迷惑をかけずに楽しい釣りができます。特に右も左も分からない初心者さんにとっては必読の内容です。是非参考に ...

続きを見る

Kyo-taの趣味ブログ・筏カセ釣りのページはこちら

スポンサーリンク

-釣り

© 2021 RUN・釣り・DIY Kyo-taの趣味ブログ