トレンド

名古屋城「金シャチ(金鯱)」の地上展示は2021年7月まで開催!

名古屋のシンボル、名古屋城の金のシャチホコ、「金シャチ」が3月~7月にかけて地上に下りてきます!その詳細情報を紹介します。

名古屋のシンボル金シャチが降臨!
スポンサーリンク


名古屋城「金シャチ(金鯱)」地上展示の各情報

名古屋城「金シャチ」が過去に下ろされたのはいつ?

1回目に下ろされたのは1984年、名古屋城再建25周年の時(来場者数58日間で192万人)で、2回目は2005年、愛知万博「愛・地球博」の開会式の時(来場者数93日間で120万人)に下ろされました。

名古屋城「金シャチ」に期待されたご利益とは?

元々は、「火よけの守り神」としてお城の上に乗っているそうですが、今回はコロナの厄除けという意味で名古屋を守ってほしいという思いで地上に展示するとのことです。

名古屋城「金シャチ」はどうやって下ろされる?

天守閣に足場を組んで金シャチを取り外し、その後、ヘリコプターで吊り上げて、400m先の愛知県体育館の広場へ一旦下ろされます。

名古屋城「金シャチ」はまずどこで展示される?

3月20日、名古屋城の二之丸広場に展示。山に乗る金シャチと海に浮かぶ金シャチというカタチで展示されるようです。前回は建物の中での展示でしたが、今回はコロナの影響もあり、屋外でソーシャルディスタンスをとれて、会場全体が感染症対策を維持できる対応がとられます。屋外展示となりますが、そもそも天守閣(屋外)にいる金シャチなので全く大丈夫ですよね。

名古屋城「金シャチ」の展示日時

3月8日:金シャチが地上へ
3月20日~4月2日:名古屋城二之丸広場
4月10日~7月11日:栄「ミツコシマエ ヒロバス」(触れるかも・・・調整中らしいです)
4月6日:長野・木曽町 道の駅「木曽福島」(10時30~1時間の展示)
4月6日:岐阜・中津川市 道の駅「賤母(しずも)」(14:30~1時間の展示)

まとめ

名古屋を見守る金シャチを間近で見て、厄除けのご利益がみなさんにあるといいですね。そして、街全体に活気が戻ることを願っています。来場には公共交通機関のご利用が便利ですし、混雑緩和にもなりますので、ご協力をお願いします。(金シャチ横丁にも寄ってみてね)

若者に人気!カラフルでかわいい名古屋市北区、別小江(わけおえ)神社の御朱印は月替わり?神社参拝の様子をご紹介

スポンサーリンク 名古屋市北区にある別小江(わけおえ)神社の御朱印がカラフルでかわいいとネットで情報を得たので、早速参拝に出向いてみました。ここの神社は安産祈願で有名な神社で、その他にもご利益があると ...

続きを見る

Kyo-taの趣味ブログ・トレンド記事TOPへ

スポンサーリンク

-トレンド

© 2021 RUN・釣り・DIY Kyo-taの趣味ブログ