あら丸渡船・しんちゃんまる・井谷水産などの深場で最適なリールをご紹介!

スポンサーリンク

Kyo‐taが大好きな、魚影が濃い深場ポイントが自慢の渡船店、あら丸渡船・しんちゃん丸・井谷水産。ここではこの渡船店が有する20m~30m超の深場ポイントを攻略するために最適なリールをご紹介します。

 

 

こんな方へおすすめ

・筏カセ釣りの深場を攻略して大物をゲットしたい
・既存のリールでは大物を仕留められるか不安
・浅場から深場まで使えるリールがほしい
・中層からの落とし込みに適したリールがほしい

 

あら丸渡船・しんちゃんまる・井谷水産の釣り場の特徴

あら丸渡船

・水深25m~30mほどの超1級ポイント、潮の流れは基本緩やか、20m前方に養殖イケスが点在
・渡船場からカセごと引っ張っていきポイントに固定して釣るスタイル
・中~大型マダイやワラサなど、とにかく魚がデカくいい日なら数釣れる

Kyo-taの釣り日記・あら丸渡船(須賀利)

続きを見る

 

しんちゃんまる

・水深20m~30mほどで、養殖イケスが並んだところにカセを設置してあり、
そこがポイントとなるため魚影が濃い
・30~50cmのマダイが良く釣れる、知る人ぞ知る絶好の釣り場
・ヘダイの年無しやワラサやブリも回遊し、ポテンシャルはピカイチ

Kyo-taの釣り日記・しんちゃんまる(二木島)

続きを見る

 

井谷水産

・ポイントは海野と古里があり、古里の水深は20m強(海野は10mほど)
・両ポイントとも面白いが、古里側が沖にある為ハリスを切られるほどの大物も多い
・外海に面している為、少しでも海が荒れると釣りができないが魚影はかなり濃い

Kyo-taの釣り日記・井谷水産(海野)

続きを見る

 

この3つの渡船店に言える共通点は養殖イケスが近いことと、水深が深いことです。

 

この深い水深や大物を攻略するための「リール選択のポイント」はいくつかありますが、以下のことに注意すれば大丈夫です。

 

あら丸渡船・しんちゃんまる・井谷水産などの深場ポイントに合ったリール

リール選択のポイント

・ラインを送り出しやすい(落とし込みがしやすい)こと
(理由:深場では中層からの落とし込みが重要ポイントとなるため)
・素早く多くのラインを巻き取れること
(魚を掛けてから魚に主導権をなるべく握らせないため)

 

では、Kyo-taがおすすめの深場対応リールを見ていきましょう!

 

gakkino 筏 リール  ちょい出し機能付き

初心者でも購入しやすいお手頃価格で、ラインの送り込みがしやすいちょい出し機能付きなので、機能としては申し分ない商品ですね。

 

XYYDPH 筏リール クラッチ付き

スプールは、高強度・超軽量で、わずか288グラム。長時間使用しても負担がかかりません。クラッチ機能搭載、高性能ベアリングにより超スムーズな回転を実現。

 

ピシファン(Piscifun) イカダリール 金龍Golden-Gイカダ60

ちょい出し機能も装備しており、 全体的な完成度とコスパから大満足のおすすめリールです。

 

シマノ(SHIMANO) 黒鯛リール チヌ 12 セイハコウ 60 ゴールド チョイ出しクラッチ

日本が誇る、シマノのちょい出しクラッチ付きリール。信頼あるメーカーのリールで大型をゲットしましょう!

 

シマノ(SHIMANO) 黒鯛リール チヌ 19 セイハコウ SP RC83 レッド RIGHT いかだ釣り

ワンランク上のシマノちょい出しクラッチ付きリール。スプール径が65mmと大きいので、やり取り負けしにくい仕様となっています。

 

 

初心者も安心!釣り用シマノクーラーボックスの「欲しい」が必ず見つかる13選!!

初心者も安心!釣り用シマノクーラーボックスの「欲しい」が必ず見つかる13選!!

続きを見る

 

 

ダイワ(DAIWA) カウンター付両軸リール 17 タナセンサー 300 (2017モデル)

魚を掛けてからのやり取りに強い上向き両軸(ベイト)リール。棚が分かるデジタルカウンター付きなので、狙ったタナに確実に仕掛けを落とせるのが最大のメリット。

 

シマノ(SHIMANO) リール タイラバ 19 炎月 CT 150HG 右

シマノ製、タイラバ用のデジタルカウンター付き両軸リール。タイラバ用なので、大型マダイとのやりとりも十分できる強度がありおすすめのリールです。

 

シマノ(SHIMANO) リール 19 グラップラー CT 150XG 右

同じくシマノのライトジギング用カウンターリール。大きめのグリップが巻き上げ感をサポート。シマノが誇る信頼の両軸リール。

 

筏釣り初心者さんへ!筏釣りを楽しむためのポイントはこれだ!

筏釣り初心者さんへおすすめ!筏釣りを楽しむためのポイントはこれだ!

続きを見る

 

まとめ

今回は、魚影が濃い深場ポイントを攻略する為の最適なリールをご紹介しました。これらのリールを上手く使って大物をゲットしましょう!

 

筏釣り初心者のおすすめリールと竿はこれ!

続きを見る

 

Kyo-ta
Kyo-taの趣味ブログもよろしくね!

Kyo-taの趣味ブログ


スポンサーリンク