Kyo-taの釣り日記・しんちゃんまる(二木島)

しんちゃんまる(二木島)

スポンサーリンク

2020年7月29日(水)

ヘダイの年無しを狙って以前から行きたかった、初のしんちゃんまるに挑戦。夏季休暇2連釣の2日目、奥側の水深20mのカセに乗せてもらった。二日前までの大雨の影響か、こちらも昨日のマルスイ海産と同様、上潮が川のごとくものすごい速さで流れる。おまけに見た目の水質も悪く、いろんなものが混じって流れてきて、ラインに絡みつく。



釣りにならない時間が全体の半分弱ぐらいあっただろうか。それでも一瞬緩んだ際に、宙切りのネリエパターンでマダイ30~40㎝を6枚確保。上層には常に15~20㎝のサバが終始沸いていた。釣りにならない時間帯でおみやげのサバを確保した。夕方、残り30分ほどで潮も止まり、良い雰囲気になったが、肝心のアタリが出ずそのまま終了。



ヘダイ狙いの常連さんから情報を得たところ、これほど潮が流れたことは過去にないということで、日が悪かったとあきらめて次回また挑戦しようと思った。船頭さんとおかみさん共にとても親切丁寧で、また行きたいと思える渡船店だった。

 

2020年12月11日(金)

今年の夏に初めてしんちゃんまるに釣行してから2回目の釣行。狙いは大ダイとデカヘダイ。平日にも関わらず、合計7名のお客さん、さすがしんちゃんまるです。

 

12月だというのに、最高気温は16℃まで上昇かつ、風もない穏やかな日になる予報、朝晩の冷え込みだけ注意でした。ポイントは27mのカセ、大物が潜んでいそうな水深と山々のロケーションに心高ぶります!

 

とても穏やか釣り日和

泳がせ用の竿を素早くセットしてから、ダンゴ釣りの準備を始めた。ダンゴ釣り準備の間に早くも泳がせの竿にアタリ。ドラグは緩めてあるが竿が海中に落ちそうになるほどのアタリだった。素早く合わせるも痛恨の空振り!再度活アジを付けて投入。

 

 

やっと、ダンゴ釣り開始。パラパラ撒いておいたペレットが効いたのか、釣り開始30分後に40センチ弱のマダイをゲット、やはり、深場特有の底にいないパターンで、底から3~5m上でダンゴを割って落とし込む釣り方がヒットした。その後も連続的にアタリがあり、11時ぐらいまで何らかのアタリがあり、同サイズを数枚追加。

 

天気もロケーションも最高!


残念だったのは、釣り早々にリールのスプール止めネジが緩んでおり、海中へ落としてしまったので外れないように注意しての釣りとなってしまったこと。開始前にしっかりチェックすることを胸に刻んだ。

昼からもアタリやエサは取られながら、小さめのマダイはリリースするパターンで楽しめた。夕方、とても良い雰囲気になり、デカヘダイを期待し、丸貝を落とし込むも不発で納竿となった。(泳がせ釣りは計3回アタリがあったものの、全て針掛かりせず)

 

おみやげ確保できました

良い気候の中でおみやげもあり、退屈しない釣りができたのは本当によかった。遠くまで来たかいがあった。また挑戦しようと思った。マダイはやはり刺身がおいしかった。

自分で釣ったマダイの刺身は最高!

 

2021年7月16日

前回、良い釣果に恵まれたので期待して釣行、当日は自分の他に、1名の常連さんのみだった。マダイ、ヘダイ狙いと船頭さんに告げて下ろしてもらったのが3本カセの配置ラインがある中の沖に向かって左側、沖から2番目のカセだった。開始当初からエサは取られるも針掛かりしない。多分小サバの仕業だ。この小サバ、終始釣りを邪魔してくれた。ペレットを撒いても、マダイのタナまでもたない。中層でダンゴを割っても小サバのみ。何とか45㎝弱を追加したもののそのまま終了。

 

沖に向いて一番左の沖から2つ目のカセ(水深は25mぐらい)



昼前に滝のような大雨が30分以上続いたのが理由の一つかも。小サバの泳がせ釣りは3回ほどアタリあり、ドラグギュンギュンで待って待って合わせても針掛かりせず、ノーフィッシュ。結局お土産はマダイ2枚のみとなった。常連さんは70cmと60cm、あと45センチぐらいのマダイを3枚ほど釣っていた。いろいろとノウハウを教えてもらいとても参考になった。

 


小サバのお土産たくさんと刺身サイズのマダイ2枚の釣果

 

あら丸渡船・しんちゃん丸・井谷水産の深場で最適なリールをご紹介!

続きを見る

Kyo-taの趣味ブログ・筏カセ釣りのページはこちら

スポンサーリンク