釣り

筏・カセ釣りで釣れる魚

筏・カセ釣りで釣れる魚は多種に渡ります。また、小型から大型さまざまなサイズ、種類の魚が釣れるところも筏・カセ釣りの魅力ですね。ここでは、筏・カセ釣りで釣れる魚を紹介していきます!また、ダンゴ釣りをするかたわらで、小魚の泳がせ釣りをするととてもおいしい魚のお土産がゲットできることも良くありますのでここも紹介します!

スポンサーリンク


筏・カセ釣りで釣れる魚

一番釣趣があるのは何といってもクロダイですよね。この魚はとても警戒心が強いので簡単には釣れません。あらゆる方法を考えて手にした1枚は格別です。この感動を求めて筏・カセ釣りに通う人はたくさんいます。

風貌も圧巻の大型クロダイ

同じ鯛系では、食べておいしいマダイ釣りが人気です。特に三重県の南部ではマダイの養殖場もあり、また毎年尾鷲湾に稚魚の放流も行っているため、ポイントによっては魚影が濃いところもあり、連釣できることもあります。基本、マダイはクロダイと同じ釣り方をしますが、クロダイが底の釣りだとすると、マダイのタナは底、もしくは底から少し上のイメージです。また、深場のポイントでは中層に浮く場合も多いです。

マダイは中層にいる場合もある

マダイとよく似た赤い鯛系の魚で、チダイもポイントによっては釣れることもあります。チダイはマダイよりも色が薄く、頭の曲線が丸いです。味はマダイとほぼ同じかと思います。

チダイもうれしい釣り魚です

ヘダイも筏・カセ釣りではよく釣れます。色はクロダイよりも薄く明るい銀色で、サイズは20㎝ぐらいから50㎝ぐらいまでいろいろです。特に秋になると20㎝クラスが沸いて入れ食いになるポイントもあります。タナは底から50㎝ほど上のことが多いです。味は塩焼きから刺身までなんでも美味い万能な魚です。

ヘダイはきれいでおいしい魚

クロダイ、マダイ釣りのエサ取りの代表選手がカワハギです。別名エサ取り名人の名を持つカワハギは、本当にエサ取りが上手く、アタリもないままにエサが取られることがあります。でもこのカワハギもポイントをつかめば連釣することが出来ます。なかなか難しいですが、これまた面白いターゲットです。食べても刺身、煮つけ、肝和えなど酒のみにはたまらない魚ですよね。

サバやアジも回遊してくる場合もあり、群れが回ると入れ食いになります。ダンゴのクロダイ釣りではこの群れにサシエを取られないように底まで仕掛けを持っていくのが最低条件になります。しかし、サバやアジはご存じの通りおいしい魚なので、お土産に釣っても良いかと思います。

小サバ、小アジは入れ食いになることもしばしば

この他、ベラ、ボラ、タナゴ、タコ、フグ、アナゴ、ゴンズイ、アイゴ、キス、イシダイ、ネコザメなども釣れます。5種類以上を釣り上げる五目釣りどころか、十目釣りを達成するほど多種が釣れる日もあります。

フグは鋭い歯でラインを切っていきます
タナゴはおなかに卵ではなく子供を宿していることもあります

時にはネコザメも
夏にはタコもよく釣れます

このほか、ダンゴ釣りのかたわら、小魚の泳がせ釣りとして、1本仕掛けを入れておくだけで、思わぬ高級魚が釣れることもしばしばありますので、是非ダンゴ釣りと一緒にやってみて下さい。釣れる魚は、ヒラメ、マゴチ、マトウダイ、シオ、ハマチ、ワラサ、ブリ、マハタ、アオリイカなどおいしい魚ばかりです!

高級魚ヒラメもお土産にできます
カンパチの子、シオもうれしいお土産、かなり引きは強烈!
マハタは高級魚の中の高級魚、ホントに美味い!
ワラサの引きは豪快!

まとめ

筏・カセ釣りで釣れる魚は多種多様でとても夢があります。ターゲットをある程度絞って釣ると、また釣れた時の嬉しさも倍増します。ダンゴ釣りと同時に小魚の泳がせ釣りをやるとうれしい高級魚がお土産になるかもしれません。筏・カセ釣り最高ですね!

筏釣り初心者でもこれさえあればOK!筏・カセ釣りの準備(道具一式)

筏・カセ釣りを始めたくても、最初はどんなものを準備すればいいのか分からないと思います。ここでは、初心者必見、筏・カセ釣りに最低限必要なもの、あると便利なものを紹介していきます! 最低限の準備をして筏・ ...

続きを見る

Kyo-taの趣味ブログ・筏カセ釣りのページはこちら

スポンサーリンク

-釣り

© 2021 RUN・釣り・DIY Kyo-taの趣味ブログ