初心者でもできる!釣ったクロダイで湯引きに挑戦!

尾鷲のカセ釣りでクロダイ41㎝を釣ったので、おいしく頂く方法を検討した結果、湯引きに挑戦することにしました。ここでは、初心者でも十分できるクロダイの湯引きの作り方を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

下処理

まずはクロダイの内臓とウロコを取ります。内臓もウロコ取りも丁寧に行うことで後の作業や味を左右する事となるので、面倒でも丁寧に、そして何よりひとつひとつの作業を楽しむことがポイントです。

 

40㎝ほどのクロダイが釣れたら湯引きに挑戦してみましょう!


5枚におろす

下処理が完了したら、5枚におろしていきます。ポイントはいろいろありますが、ここでは割愛しますね。骨残りが無いよう、身を削らないように上手くおろしていきましょう。ちなみに5枚とは、上側、下側の身、背骨、反対側の上側、下側の身、で5枚です。

 

上側、下側の身です。あまりきれいではありませんが何とか捌けました


 

湯引き

まな板の上に身の皮側を上に置いて、キッチンペーパーかフキンを敷いて熱湯をかけます。まんべんなく皮が縮んでいくのを確認しながらかけていきます。やけどしないように注意しましょう。

 

キッチンペーパーを敷いて熱湯をまんべんなくかける


身を締める

あらかじめ準備しておいた氷水に身を沈めて締めます。身が完全に冷えたらすぐに取り出します。締める時間は30秒ぐらいでよいかと思います。ポイントは、湯引きしたらすぐに締めることです。締めが完了したら、水気をキッチンペーパーで取ってひとまず冷蔵庫で保存します。

 

氷水で素早く冷やす


41センチのクロダイ1枚分の湯引きが完了


盛り付け

盛り付ける皿に、大根つまや大葉を配置して盛り付け準備をしましょう。余裕があれば、活造りに挑戦するのもありですね。頭の部分はカマを残して立てかけるイメージが良いかと思います。また、今回は大根づまがなかったので、キャベツの千切りを使用してみました。家庭内での提供なら問題ないです。

 

活造りは見た目のインパクト大なので、おすすめです


そしてあとは、皮を上にして身を切り出していき、大葉の上に盛り付けていきましょう。最後に万能ネギをまぶして出来上がりです。

 

あとはお好みで万能ねぎや飾りつけをしましょう


今回は飾りつけもなく、大根つまもなかったのでキャベツの千切りで代用しました。とはいえ、なかなかインパクトのある盛り付けができたことに満足しました。もちろん、味は最高でしたよ!

41センチのクロダイ1枚分の湯引きが完成!


筏釣り初心者でも十分釣れる!筏・カセでのクロダイの釣り方

釣り人なら誰もが憧れるクロダイ釣り。ここでは、初心者を対象とした筏・カセからの基本的な釣り方を、タナ別に分けて紹介します。   スポンサーリンク もくじトントン底を切るハワセまとめ トントン ...

続きを見る

 

Kyo-taの趣味ブログ・筏カセ釣りのページはこちら

 

スポンサーリンク