初心者が気をつけたい!筏・カセ釣りの服装

釣りをするにあたり、服装は大変重要です。快適に釣りを楽しめるかどうかが決まる最重要アイテムです。特に初心者は、なかなか寒暖や気候のイメージがつきにくい為、ここでは、季節による筏・カセ釣りの服装や身を守るアイテムについてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク


上下の服装

<春>
まだ寒い日も多くあり、何といっても春は風が強いので、基本は厚着で行きましょう。現在は薄くて暖かい優れた素材のインナーもあるので、是非、釣具屋か作業着ショップでいろいろ見てみましょう。特に作業着ショップは安くて良い商品があるので、見逃せません。

 

<夏>
半袖、半ズボンでもOKですが、炎天下で1日釣りをすることになる場合もあるので、速乾タイプの上下にTシャツと半ズボンが今風ですかね。色や柄は地味なものから、思い切って派手な蛍光色でも良いと思います。自分のテンションが上がるような色や柄、デザインにすると釣りがなお楽しめますよね。

 

<秋>
秋も夏とほぼ同じで良いですが、晩秋の朝夕はやはり冷えるので防寒対策はしっかりしたいところです。

 

<冬>
冬は重ね着をして体が冷えないようにしたいところですが、あまり重ね着しすぎると、ゴワゴワ感が出て動きが取りにくくなります。それを解消してくれるひとつの方法は、使い捨てカイロです。カイロの中でも、貼るタイプのカイロを選びましょう。肌着の上ぐらいに、腰、肩、おなかぐらいに貼るとあったかいです。極寒の気候でもふつうに過ごせますのでおすすめです。

 

 

服装は、備え得れば憂いなしという言葉がぴったりで、特に防寒対策として、ちょっと余分に持参するのが後悔しないたったひとつの方法だと思います。暑かったら脱げばいいので、よく考えて上着などを持参しましょう。

 

雨具

釣り人の必需品ですね。よほどの晴天予報ではない限り、雨具上下は必ず持参しましょう。ポンチョタイプは結局かなり濡れるので上着とズボンのタイプを選定しましょう。現在は蒸れにくい高性能なタイプのものもあるので、釣具屋でいろいろ探してみて下さい。雨具もメーカにこだわりがなければ、作業着ショップで探すと面白いかもしれませんね。

 

帽子

帽子はキャップタイプとハットタイプ(麦わら帽子)がありますが、これはお好みで決めるところかと思います。キャップタイプは前方のツバが長いので、顔にかかる影の面積が大きく、まぶしさが解消できますし、ハットタイプは頭全体を日影にしてくれる利点があります。麦わら帽子はハットタイプとキャップタイプを合わせたもので、さらに通気性が良いのでおすすめです。見た目のカッコよさにこだわるならキャップ、頭をしっかり守るならハットタイプ、といったところでしょうか。

 

靴は基本、夏以外は長靴がおすすめです。汚れや濡れから守ってくれるためです。ただ、真夏だけは長靴だと通気性も良くない為、かなり暑くなるので、サンダルや夏用の通気性の良いスニーカーが良いのではないでしょうか。サンダルはかかとがあるシューズタイプのものをおすすめします。かかとのないスリッパタイプだと渡船時や荷物運搬時、移動時にバランスを崩すなどの危険を伴うからおすすめできません。

 

また、靴下はなるべく履いていくことをおすすめします。理由は、虫に刺されたり、太陽が出ていない風の強い日は夏でも意外と寒かったりするからです。安全第一を心がけて釣りに臨みましょう!

 

サングラス

サングラスは太陽が出ていない時でも着用した方が無難です。海は紫外線が多く、照り返しも強いので目を傷める要素が多いからです。釣りには、偏光サングラスという種類のサングラスを選定しましょう。偏光とは、乱反射を抑えて視界をスッキリさせるもので、さらに紫外線をカットできるものが偏光サングラスです。汎用タイプなら2~3000円ぐらいで購入できます。

 

 

着替え

釣りを終えて、車に戻ったら、着替えをしてから帰路に就くことをおすすめします。釣りの最中は気づかないうちに結構な汗や汚れを伴うことがあり、そのまま車に乗ると汚れ等がシートに付着したりするのと、単純に気持ち悪いこと、そして着替えをしてリフレッシュをしてから帰ることで、気持ちが入れ替わり、安全運転に繋がる効果もあるからです。

 

まとめ

服装は釣りをする上で最も重要なアイテムです。上下の服装は季節に合わせて快適に釣ができるように、しっかり考えて選定しましょう。雨具、帽子、サングラスも必須アイテムで、自分の身を守るために最善の選択をして釣りを楽しみましょう。

 

初心者必読!筏・カセ釣りのマナーと心得

筏・カセ釣りはルールやマナーはもちろん、心得や暗黙のルールを知っておくと、渡船店や他のお客さんに迷惑をかけずに楽しい釣りができます。特に右も左も分からない初心者さんにとっては必読の内容です。是非参考に ...

続きを見る

 

Kyo-taの趣味ブログ・筏カセ釣りのページはこちら

 

スポンサーリンク

© 2021 RUN・釣り・DIY Kyo-taの趣味ブログ