おすすめ紹介

デザイン・機能・コスパ最高!初心者にもおすすめの筏用リール5選 

筏用リールは上向き(両軸)タイプと下向きタイプがありますが、ここでは、ラインが送り込みやすく、やり取りがしやすい下向きリールに特化して紹介していきます。

筏専用リールで大物ゲット!
スポンサーリンク


①ピシファン(Piscifun) イカダリール 金龍Golden-Gイカダ60

中国製のリールですが、コスパと機能は超満足のおすすめリール。ちょい出し機能も付いているので、ラインが送りやすく、筏の落とし込みが容易に行える。したがって、深場でもかなりの使いやすさを威力を発揮します。また、コスパがいいので、予備リールとして保持しておくのもいいですね。

②シマノ(SHIMANO) 黒鯛リール チヌ 12 セイハコウ 60 ゴールド チョイ出しクラッチ

日本が誇るシマノの超人気シリーズ、セイハコウの中級モデル。ちょい出しクラッチを駆使して、大型も十分狙える仕様のリールです。

③ピシファン(Piscifun)イカダリール 銀雪Silveriaイカダ65C

こちらも中国製ですが、作りはとてもしっかりしており、使用感も満足できるリール。この仕様でこのコスパは最高!色もシンプルでデザインもかっこいい!

④黒鯛工房 カセ筏師 The アスリートラガー 65D-BG RIHGT

クロダイ用釣具で絶対外せないのが黒鯛工房。なめらかな回転と貫禄の質感、渋いデザインが、初心者からベテランまで幅広い人気を誇るリール。

⑤ダイワ(DAIWA) イカダリール 18 BJ 筏 70

ダイワ下向きリールの代表格。大口径70mmのスプールが余裕のやり取りと手返しを実現。鮮やかな色調も注目のおすすめリール。

筏釣り初心者さんへ!筏釣りを楽しむためのポイントはこれだ!

筏・カセ釣りは湾内、湾外に固定された筏やカセまで、船で渡してもらい、そこから竿を出す釣りです。足場が良いので釣りやすく、水深もあり、多種多様な魚が釣れるのが最大の魅力です。ここでは家族釣れにも最適な筏 ...

続きを見る

まとめ

筏用下向きリールのおすすめを紹介しました。駆け引きや、やり取りに強い下向きリールは見た目もかっこいいので、人気上昇中です。ぜひ、自分に合ったリールを探して、大物をゲットしましょう!

スポンサーリンク

-おすすめ紹介

© 2021 RUN・釣り・DIY Kyo-taの趣味ブログ