継続すれば絶対効果が出る!初心者にオススメ!運動不足解消できるジョギングの楽しみ方3選

ジョギングの楽しみ方はいろいろですが、実際にどのように楽しめば良いのかわからない方や、運動不足解消を目的とした初心者さんに向け、その楽しみ方を具体例を挙げて紹介します!

 

Kyo-ta
全部で3つ紹介するけど、どれも超おすすめの楽しみ方なのでぜひ実践してみてね!

 

スポンサーリンク

自宅からジョギングで周囲を走る

 

まずは基本、自宅を拠点にしてジョギングをしてみましょう。その際のポイントとしては、安全性、距離、高低差、景観などを自分の土地勘から検討して「いつものコース」を設定し、通常はこのコースを走る、と決めておきましょう。

 

ポイント

安全性1:走行できる十分な道幅があり、車道と別れていること
安全性2:路面に凹凸がなく、フラットなこと
安全性3:夜間でもある程度人通りがあること
距離:自分に合った無理のない、継続できる距離を設定
高低差:なるべくアップダウンの少ないコースであること
景観:飽きることがないように、メリハリある景観が好ましい

 

 

 

とはいっても、なかなかこれらを満たすジョギングコースは自宅付近にないこともあるので、優先順位として、自分の身を守る「安全性」を最重要項目と認識して検討してみて下さい。

 

車で地方へ出張して走る

車で地方の観光地周辺などへ出向き、その駐車場を拠点として走ってみましょう。初めて走るコースとなることが多いため、これを実行するには、あらかじめコースを下調べするなど、事前準備をある程度した方が安心です。

 

 

その一方で、行き当たりばったりの方が面白いと思う方もおられるかもしれません。

 

その場合注意すべきは、例えばはじめは歩道のある快適なジョギングコースでも、次第に歩道がなくなり、車との距離が十分保てないことがあったり、思わぬ危険にさらされたりすることも考えられるので、コース取りには十分ご注意下さい。

 

地方へ出向けば、ジョギング後に温泉で疲れを回復させることもでき、観光とコラボすれば最高の充実感を感じることが出来ると思うので、おすすめの楽しみ方です!

 

初心者に伝えたい!お散歩ジョギングを継続する為の季節ごとの楽しみ方

初心者に伝えたい!お散歩ジョギングを継続する為の季節ごとの楽しみ方

ジョギングは季節によって楽しみ方が違い、それがモチベーションの一つにもなります。ここではジョギング初心者に向け、ジョギングを維持継続するため、季節ごとのジョギングの楽しみ方についてご紹介します! &n ...

続きを見る

 

公共交通機関で目的地から自宅まで走る

これはなかなか面白い楽しみ方です。公共交通機関(電車やバス)で自分が決めた目的地までジョギングできる格好で出向き、そこからジョギングをスタートし、自宅をゴールとして走りきる方法です。

 

 

これのメリットは自宅付近にない景観を感じられることや、折り返さなくてよいという精神的余裕からお散歩気分をより感じられるところです。その反面、距離的に比較的長く走るプランとなりやすいため、ある程度ジョギングに自信が出てきたころに実施してみたいですね。

 

また、ポーチ等に小銭を入れてジョギングに持参し、必要に応じて水分補給をすることが楽しくジョギングするポイントでもあります。最低限の備えを。

 

距離を次第に延ばしていったり、今週は東方向、来週は西方向など、方向に変化をつけたりすれば、楽しみ方も倍増すること間違いなしです。

 

 

代表的なランニングスマートウォッチGARMINのHPもチェック 

→→→ GARMIN

 

まとめ

・まずは自宅からの「いつものコース」を設定しよう
車で観光地へ出向いて観光気分で気持ちよく走ろう
・公共交通機関を上手く使って自宅まで走ろう

 

足腰に優しい!asicsの厚底シューズ「グライドライド」レビュー

足腰に優しい!asicsの厚底シューズ「グライドライド」レビュー

従来から履き続けているアシックスのGT2000 7からグライドライドに乗り換えました。ここではランニングシューズの選定に迷っている方や、グライドライド購入を検討している方へ、特徴と走り心地を紹介します ...

続きを見る

 

関連サイト「日本スロージョギング協会」

 

お散歩ジョギングは速度気にせずマイペースでOK!ゆっくり走って健康を維持しよう!

お散歩ジョギングは速度気にせずマイペースでOK!ゆっくり走って健康を維持しよう!

ジョギングは、「続けなければいけない」という心理から、継続するのに結構ハードルが高くなり、すぐにやめてしまう方も多いのではないでしょうか?   そこで、これを回避するために、「ゆっくり走る」 ...

続きを見る

 

Kyo-taの趣味ブログ

 

スポンサーリンク