筏・カセ釣り初心者がクロダイを釣る!釣れない時にやる5つの秘策

筏・カセ釣りで一番の人気を誇るクロダイ釣り、このクロダイ釣りはとても繊細で難しいといわれています。しかし、釣るためのポイントを抑え、それを実践すれば釣れる確率はかなりUPします。

 

なかなか釣ることができなくて悩んでいる初心者の方やあまり釣れない方に向け、クロダイ釣りのポイントや、釣れない時にやる秘策を紹介します。

 

また、この記事は理屈を説明するものではなく、経験から傾向を紹介するものです。

 

ポイントを抑えれば必ずクロダイは釣れます


スポンサーリンク


サシエのローテーション

言わずと知れた、釣果を上げるための技ですね。同じサシエばかり使っていては、なにも変化が現れず、何も変わらない時間が流れます。

 

魚も人間と同じで変化があった時に興味を示すことが多い為、是非、釣れない時ほどサシエのローテーションを行い、変化を付けてみて下さい。これは、筏・カセ釣りに限ったことではなく、釣り全体に言えることです。魚の気持ちになってサシエをいろいろ替えてみると良いことがあるかもしれません。

 

ハリを交換する

釣れない時、ハリスが傷んでいない時、針は交換しなくて良いと思いがちですが、何度も打ち返すことで、ハリ先はにぶくなります。その理由はサシエを何度もハリに刺すからです。

 

柔らかいエサだから影響ないと思うかもしれませんが、意外と針先は摩耗して、刺さりにくくなります。ということは、魚の口にも掛かりにくくなるということです。ハリを交換して1発目で掛かることは珍しくありません。是非、ハリの管理をしっかり行ってみて下さい。

 

また、食い渋る場合は、ハリのサイズを小さくすることで掛かりが良くなる場合もあります。

 

ハリ交換で価値ある1枚を


 

間を置く

同じパターンでダンゴを打ち返してしばらく釣っていると、エサ取り天国になり、クロダイにエサが届かず、エサだけ取られることが良くあります。こういう場合は、休憩を取るなどして、少し間を空けてみると、意外な効果が出ることがあります。

 

実際、しばらく間を空けて再スタートした1投目にクロダイやエサ取り以外の大きな魚が掛かったことも何度かあります。一度試してみて下さい。常に余裕をもって釣りを楽しむ気持ちで間を取れば、好釣果に結び付く可能性は意外と高いかもしれません。

 

ハワセ幅を取る

これは、釣りの流れの中でとても重要な技のひとつで、効果も実証済です。タナがトントン(水深と同じ)ではアタリなく、サシエも残ってくる場合も、ハワセ幅(棚よりも余分にラインを出す)を30cmから1m、潮がある程度流れている場合は2mぐらい取ると、実行した途端にすぐアタリが出ることがよくあります。(仕掛けが潮に馴染んでいれば、アタリはしっかり出ます)

 

ハワセる場合は置き竿でじっくり時間を置いてアタリを待った方が良いです。エサ取りの少ない、あるいはいない時に特に有効です。

 

中層でダンゴを割る

20m以上の水深のあるポイントでは、アタリのない時、底から2~3mぐらい上でダンゴを割って割れたダンゴや、アンコにしたオキアミなどと一緒の沈下速度で、サシエを同調させて落とし込んでみましょう。クロダイが底ではなく浮いている時は、これに反応して食うパターンがあります。

 

 

また、クロダイだけでなく、マダイやワラサなどのおいしい魚も食ってくることもあるので、中層狙いは結構おすすめです。10mほどの水深のポイントでも、底から50cm~1mほど浮かせた部分を攻めるのも大いにアリです。(逆にエサ取りの猛攻に合う場合も多いですが)

 

 

まとめ

クロダイ釣りは繊細で、釣れないときの方が多いですが、それがゆえに釣れた時は本当にうれしいものです。釣れない時には、サシエのローテーション、ハリの交換、間を置くこと、ハワセ幅をとること、そして、深場のポイントでは中層でダンゴを割って落とし込むこと。

 

これを実践して頂き、価値ある1枚を手にして下さい。また、いろんな攻め方を実践することで、楽しみ方も倍増し、より充実した釣りライフになると思います。

 

手が震えた!筏釣り初心者が57cmの年無し乗っ込みクロダイを釣った!

筏釣りを始めて2年目の春、何と57cmの立派な乗っ込み年無しクロダイを釣ることができたので、その時の状況を当時の日記から紹介します。当時は初心者でしたが、初心者でも大型クロダイは十分狙えるという事例と ...

続きを見る

 

Kyo-taの趣味ブログ・筏カセ釣りのページはこちら

 

スポンサーリンク

© 2021 RUN・釣り・DIY Kyo-taの趣味ブログ