DIY初心者でも簡単!木製スマホスピーカーにマジ感動!!音大きくなるっ!

こんにちは!Kyo-taです!  

 

スマホから音楽を聴く時って今の時代、イヤホンがほとんどだと思いますが、同じ空間にいる家族や仲間と一緒に音楽やラジオなどを聴きたい時ありますよね。  

 

そんな時はブルートゥース型のスピーカー!これはとても便利ですね。でも、電気的に増幅されるためバッテリーなどの電源が必要だし購入コストもかかる。  

 

そこで、手軽にスマホから直接出した音をそのまま木の共鳴を利用して大きく出来る、木製スマホスピーカーをDIYしてみたので、その作り方を紹介します!構成がシンプルなので、DIY初心者でも挑戦できますよ。

 

木製スマホスピーカーは、気軽にいつでもどこでも音が大きく聴けるのでとても便利だよ!
Kyo-ta

 

Kyo-chan
しかもDIYで作っちゃうなんて素敵ね!

 

木目がキレイな木製スマホスピーカー

 

  実は、今回木製スマホスピーカーを作ろうと思ったのは、ヒャクニンウッドワークマラソンという、鳥取県智頭町の510GREENWORKSさんが企画してくださったイベントに参加させていただいたことがきっかけでした。  

 

森の未使用材を利用するという事業の企画に賛同することで、現地より木材を無償提供いただき、その木材で木工を楽しむというものです。きっかけを与えていただいた、510GREENWORKSさんにはホント感謝です!!  

 

杉の乾燥材と生木材が到着!!

 

製作するきっかけを与えていただきホントにありがたかったです!!
Kyo-ta

 

Kyo-chan
木材をいただいたのだからちゃんと作らなきゃね!
 
よっし!がんばって作るぞっ!
Kyo-ta
 

 

スポンサーリンク

木製スマホスピーカーの作り方

木製スマホスピーカー手順 ①木材切り出し

平行かつ斜めに切るのが結構むずかしい

  丸太からの切り出しは初めてだったので上手くカットできるか不安でした。幸い、娘が学校の授業で使用したほぼ新品ののこぎりがあったのでそれを使用、やはり新しいのこぎりは切りやすいですね。  

 

スマホの横幅から、直角に切ると、スマホをはめ込む面積が足りなかったので斜めにカットすることにしました。

 

 

ズレた部分を修正…

 

  でもやっぱり、ちょっと斜めになってしまったので修正、修正。  

 

工具使わずのこぎりでカット!

 

  それでも、何とか気合でのこぎりオンリーで切り出し成功!!画像のように、材料としては同じものが3枚あればOKです。(厚さは20㎜ほど)  

 

丸太を無事にカット出来ました

 

Kyo-ta
頑張れば切れるもんですね!でも疲れた~
  実際、スマホスピーカーは丸太から作る必要はないので、木材はホームセンターで20㎜ほどの板を1枚購入して3枚に切ればOK。  

 

あるいは、あらかじめ正方形(長方形)か丸型にカットされた同じサイズの3枚を購入すればカットの手間が省けます。  

 

ノコギリの正しい使い方、メンテナンス方法とは

 

木製スマホスピーカー手順 ②ホール部カット

いよいよ、スマホ挿入口と、音を共鳴させるホール部の切り出し作業です。幸い、卓上糸ノコという機械があったのでそれを使って切っていきました。  

 

卓上糸ノコでくり抜きます

  まず3㎜のドリルで穴を空けてそこに糸ノコをセットしてくり抜いていきました。不慣れ&自己流なので、こんな感じですみません…。  

 

↓この卓上糸ノコを使いました。これならへたくそでも何とかうまく穴を空けることができますよ!

 

糸ノコがない場合はジグソーなどを使う方法がいいですね!
Kyo-ta

 

↓ジグソーはロイヤルホームセンターさんのサイトが参考になります!

ジグソーの使い方とブレードの種類

 

そして、無事に切り出し完了!!部品は上から順番にこの構成にします。スマホのスピーカー位置が右フチに寄っているのでそれに合わせて音の通る道をつくりました。なので、真ん中の板はこんなカタチになります。底の板は何も加工していません。  

 

部品構成はこの3枚のみ

 

 

つまりやることは、上の板のスマホ挿入口穴あけと、真ん中の板に音の通り道を作るだけだね!
Kyo-ta
 
Kyo-chan
超簡単じゃない?これなら私も出来そう!
 
うーん、そう、かな?
Kyo-ta
 

 

木製スマホスピーカー作り方 ③各部品の表面仕上げ

次に、木材表面の仕上げをしていきます。ホームセンターで購入した板で製作する場合はほとんど表面仕上げは不要だと思いますが、今回は丸太からの製作なので、木の皮を剥がすところからとなりました。  

 

研磨完了、杉材は木目がキレイですね

 

  途中の画像がないのですが、こんな感じに表面を研磨しました。木の皮はまず#80で剥がし、最終的には#240で仕上げています。これには、オービタルサンダーという便利な電動ヤスリを使用しています。  

 

下に紹介したオービタルサンダーはおすすめです!私は一回り大きなものを持っていますが、この商品の方がコンパクトかつ、先端がとがっているので、スキマなどの研磨にも使えてとても便利だと思います。

 

↓今私がオービタルサンダーを持っていなかったら、コレ買います!というか欲しい!!

 

木製スマホスピーカー作り方 ④塗装

塗装は和信ペイントの水性ウレタンニス(けやき・つや消し)を使いました。理由は余っていたからです。ホントはウォルナット系の渋い感じにしたかったんですが、今回は家にあるもので対応しました。なので、すべての費用はゼロ円です。

 

塗装完了、乾燥中・・・

 

 

  実は、塗装は3回上塗りしています。#240研磨→塗装→乾燥→#400研磨→塗装→乾燥→#600研磨→塗装→乾燥の順。複数塗り重ねた方が、仕上がりもきれいに色も濃く仕上ります。でもここはお好みで判断すればいいかなと思います。  

 

3回目の塗装前には#600で研磨

 

塗り重ねるごとに色が深みを帯びていい感じになるよ!
Kyo-ta

 

木製スマホスピーカー作り方⑤接着

あとは、木工用ボンドで接着して完成!!しっかり接着するために上から重しを乗せて2時間ほど放置しました。  

 

3枚の板をボンドでくっつけるだけ

 

ついに完成!!見た目も意外とキレイに仕上がり満足できたよ!
Kyo-ta

 

Kyo-chan
スゴい!超かっこいいスマホスピーカーが出来たわね!

 

完成!!木目がキレイ!

 

Kyo-chan
で、肝心の音はどんな感じに聞こえるの?

 

うん、歌だとボーカルが引き立つ感じだね!とても聞き取りやすくなるよ!ぜひ試してみて!
Kyo-ta

 

↓Dig-it [ディグ・イット]さんのサイトも参考になりますよ!

スマホを差し込むだけでいい音を奏でる、自作ウッドスピーカー。

 

DIY初心者でも簡単!趣味の小屋作り製作レポート

こんにちは!Kyo-taです!   マイホームを建てるも、自分の部屋を作るスペースがなかったので、庭にDIYで趣味の小屋を作りました。   サラリーマンが土日のみを使って約3か月か ...

続きを見る

 

まとめ

木製スマホスピーカーは意外と簡単にDIYで作れちゃいます。しかも材料は板が1枚あればOKで、あとはカットしてくっつけるだけ。もちろん、最低限の道具は必要ですが、一度揃えてしまえば次からずっと使えるのでこれを機に揃えるのもありですね。  

 

ぜひ、木製スマホスピーカーをDIYで作ってみてください。素敵なDIYライフを!!   今回は、鳥取県智頭町の510GREENWORKSさんの企画によりこの製作が実現しました!企画してくださった510GREENWORKSさん、ホントにありがとうございました!

 

斜めに積み上げたデザイン

 

磨き感が最高

 

 

初心者でも簡単にできる!ダイニングテーブルを水性ウレタンニスで再塗装する方法とは?

初心者でも簡単にできる!ダイニングテーブルを水性ウレタンニスで再塗装する方法とは?

我が家で使用しているダイニングテーブル天板の表面が、色あせや剥がれ、汚れなどが目立ってきたので水性ウレタンニスで塗り直しをしてみました。   ポイントを抑えれば初心者でも簡単にできるので、こ ...

続きを見る

 

↓DIY関係の記事はこちらから

DIYで人生を豊かに!自分だけのオリジナル作品を素敵に作ろう!

 

Kyo-ta
Kyo-taの趣味ブログもよろしくねっ!

Kyo-taの趣味ブログ

 

スポンサーリンク