釣り

筏からのカワハギ釣りは楽しい!釣り方のポイントを紹介

筏・カセ釣りは、多種多様な魚が釣れますが、その中でも食べておいしいカワハギは、クロダイを狙っていて少し上に誘った際にエサ取りとして釣れることがよくあります。これを専門で狙うと結構面白いし、良いおみやげにもなりますので試してみて下さい。

筏・カセでは結構大きなカワハギが釣れます
スポンサーリンク


カワハギ釣りの仕掛け

筏・カセ釣りでのクロダイ釣りの仕掛けと同じでOKです。専門で狙うのであればハリスは1.5号もあれば十分でしょう。太すぎず、細すぎずのラインで攻めましょう。大型クロダイを狙う傍らであれば2号でも問題ありません。

針もチヌ針3~4号で良いですが、もっと小さくするなどの工夫をして変化をつけてみましょう。これが釣果を伸ばすひとつの方法です。もちろん、同じ仕掛けで1日中やっても良く釣れる日もあります。いろいろ試してみて下さい。

針は先端が鈍くなったと思ったらすぐに交換しましょう。そのまま釣るよりもすぐに交換した方が釣果がUPします。手間を惜しまず釣ることが釣果UPに繋がります。

カワハギのタナと釣り方

カワハギのいるタナは基本的に底から1mぐらいの間です。この間に集中している為、タナとしては狙いやすい魚です。釣り方はダンゴ釣りで、底までダンゴを沈めて底でダンゴを割ります。その後、ラインを張りながら、ゆっくりと上に誘います。

竿を上げていき、コツッとアタリがあれば、すかさず合わせてみましょう。上側に誘った際に出るアタリを合わせた方が掛かりやすいと思います。もちろん、落とし込む方向でアタリが出ればそれも合わせましょう。また、仕掛けをたるませるとアタリが見えず即エサを取られるので注意です。

針掛かりしなかった場合は、2回目の大きめのアタリを、カワハギの口に引っかけるイメージで合わせます。底から50㎝から1mのタナで当たることがほとんどで、タイミングよく掛け合わせるのがポイントです。掛け合わせなくても釣れる場合もありますが、数を稼ぐには積極的に合わせを入れることが重要です。

28㎝のデカカワハギも釣れます

カワハギ釣りのエサ(サシエ)

エサは、いろいろですが、アサリを好むので、専門で狙う場合は必携です。その他、アケミ貝、オキアミでももちろん釣れます。エサ取りにちょっと強いマルキューの丸エビも効果的です。また、オキアミは上手く合わせないと瞬殺されます。

数匹釣れたらすぐ釣れにくくなるので、その場合は、エサのつけ方を工夫すると釣果がUPします。とにかくハリから外れにくくなるような付け方(例えば何度も針を通す、縫い目刺し)をしてみて下さい。

アケミ貝を使う場合は縫い目刺しの他、半貝がとても有効です。食べにくくすることでカワハギの警戒心を下げることができ、アタリが出やすくなります。

また、サシエのローテーションも大変有効です。変化を付けることで釣果を伸ばしていきましょう。

クロダイやマダイを狙う傍らでカワハギを狙う時間帯があるとより楽しい

カワハギ釣りのポイントまとめ

・仕掛けはクロダイ釣り用でOK
・ラインは専門で狙うなら1.5号、クロダイ釣り兼用なら2号でもOK
・針の交換はコンスタントに行いましょう
・タナは底から1mぐらいまでに集中
・上方向に誘い、アタれば即アワセを入れる
・サシエはアサリ、アケミ貝オキアミなど
・取られにくい刺し方とサシエのローテーションが有効

以上、いろいろな工夫をして筏・カセからのカワハギ釣りを楽しんで下さい!

釣ったカワハギはおいしく頂きましょう!
筏・カセ釣りで超オススメ!泳がせ釣りの釣り方やポイントを紹介!

筏・カセ釣りでダンゴ釣りや五目釣りをする傍ら、泳がせ釣りをやってみませんか?この釣り、意外と簡単で、活性がよければおいしいおみやげをゲットできるので、是非、もう1本竿を出して釣果UPにつなげましょう。 ...

続きを見る

Kyo-taの趣味ブログ・筏カセ釣りのページはこちら

スポンサーリンク

-釣り

© 2021 RUN・釣り・DIY Kyo-taの趣味ブログ