初心者必読!お散歩ジョギングのシューズ選定

ジョギングで一番重要なアイテムは何といってもシューズですよね。地面を蹴って着地を繰り返す、からだと地面の橋渡し的な存在のシューズ、この選び方のポイントをジョギング初心者さんに向けて紹介します!

 

スポンサーリンク


靴底のクッション性が良いものを選ぼう

お散歩ジョギングでは比較的ゆっくりリラックスして走ることをポイントとしており、大切なのは心地よく走ることです。よって、靴の役割としては足腰への負担がなるべく軽減できるようなクッション性の良い靴選びが重要です。

 

 

 

なるべく軽量なものを選ぼう

お散歩ジョギングは比較的ゆっくりな無理のないペースで走りますが、シューズが重いとそれだけで体への負荷に繋がってしまいます。よほど重くない限り自覚はないと思いますが、体は正直なので、少しでも軽いものを選ぶことをおすすめします。

 

スポーツショップやシューズショップで実際に重さを比較して選定するのが良いと思います。比較時は、履いてしまうと微妙な重さの差がわかりづらくなるため、シューズを手で持って比較すると納得できますよ。

 

 

通気性の良いものを選ぼう

ジョギング用のシューズであれば、通気性良く設計されていますのでそれほど気にしなくても良いですが、スニーカーだと、デザイン性を重視したりしているため、通気性については後回しになっているモノもありますので、ジョギング、ランニング用を選定することをおすすめします。

 

デザイン性も意識して選ぼう

機能性のポイントを認識したら、次はデザインについてです。これはもう単純に個人の趣味なので多くを語れませんが、ひとつアドバイスするとすれば、ジョギング用なので、多少明るい色使いのものでも派手ではなく、むしろ良いと思います。服装とのバランスもありますが、すれ違う人の目を少し気にしながら走ることで、モチベーションUPにも繋がるため、デザインや色使いを気にしてみましょう。

 

 

 

足にフィットするサイズを選ぼう

ジョギング用シューズのサイズ選びはとても重要で、大きすぎても小さすぎても気持ちよく走ることはできません。大きすぎる場合、単純に靴ズレを起こしたり、また、衝撃時の荷重の掛かり方が不安定になることで、体が無意識のうちにかばいあってバランスが崩れ、どこかを痛める原因にもなります。小さすぎると足がシューズに圧迫されて痛みを生じてしまうため、自分の足にフィットするシューズをお店でしっかり試着することをおすすめします。

 

 

シューズの定期的な更新

ジョギング用シューズは複数持つ必要はありませんが、走行数を重ねるにつれて、かかと部のほつれ、靴底の摩耗、クッション性などが劣化傾向となります。一般的な交換目安は1000㎞程度だと認識していますが、使用状態にもよるため自己判断となります。ただ、シューズを買い替えることで、モチベーションUPに繋がるのであれば走行距離を決めて買い替えても良いと思います。寿命が来るまで大切に使いましょう!

 

 

靴下について

シューズを購入してからの話ですが、靴へのダメージを最小限にするため、靴下にも気を付けましょう。靴下もモノによっては毛玉ができやすい材質のものがあります。意外と気づきにくいのですが、この毛玉がシューズのかかと部を痛めつける原因になり、寿命を短くするため注意が必要です。

 

防水スプレーを塗布しよう

シューズを購入したら、使用する前に防水スプレーを塗布して上面、側面等を保護しましょう。ジョギングは通常、晴れか曇りの日にしますが、急な雨に降られる可能性もありますし、晴れていても誤って水溜りなどに入ってしまった時などにシューズを汚れや水分から保護してくれますので、ぜひ実施してみて下さい。

 

 

まとめ

クッション性の良いものを選ぼう
・少しでも軽いものを選ぼう
通気性の良いジョギング用を選ぼう
・デザインや色使いを気にしてみよう
・自分の足にフィットするシューズをお店でしっかり試着しよう
寿命を管理して定期的に更新しよう
・靴下の状態もチェックして寿命を延ばそう
防水スプレーを塗布して水分や汚れから保護しよう

 

Kyo-taの趣味ブログ・お散歩ジョギングのページはこちら

 

スポンサーリンク

© 2021 RUN・釣り・DIY Kyo-taの趣味ブログ